Flashの.swfファイルをYoutubeにUPしたい!
しかもフリーソフトでMPEG-2などに変換したい!

Flashで作成したファイル、あるいは、Flash互換のソフトで作成した.swfファイルをYoutubeにUPしたい!
フリーソフトで変換したい!
当方はFlash Makerなるソフトを使っておりまして、現在廃盤ですが、場合によってはFlashMakerが
Flashより良かったりします。それをYoutubeにUPしたくなったので!



Flash,あるいはFlashMakerなどで、.swfファイルを書き出す

このとき気をつけるのが、「ループ」になっていないか、ということ、

Flashがループになっていると、延々と動画に変換され続ける事態になってしまいます。

必ず、一度再生したら終わるように設定してから、.swfファイルを書き出してください。


Swivelという、Flash.swfから動画に変換できるフリーソフトを使う!

こちらからSwivelをダウンロード・・・Flashから動画の変換が簡単。かつフリー


Swivelを起動します。

使い方がよくわかりませんので、最短でFlashを動画に変換してYoutubeにUPするまでを!


Swivelは起動時に音が鳴るので、それだけご注意ください。

SOURCEから、 ADDで、変換したいFlash.swfファイルを指定します。



Flashから変換するフリーソフト


Flashを変換する動画形式をyoutubeで使用可能なものに。

ビデオの動画形式を指定します。初期設定のまま書き出してもYoutubeにUPできませんでしたので、

MPEG-2 Video を選択したらいけました。
(よくわかりませんが、それでいけた)

VIDEOタグからVideo Codec,そこでMPEG-2を選択。他でもいけるかも?わかりません。

で、「Convert」

FlashからYoutubeへ変換の途中で使う


書き出します。

Flash.swfから動画MPEG-2への変換&書き出し中の様子:
Flash変換中、Youtube形式へ


書き出したファイルを確認します。OKならそのままYoutubeに。

なんだかわからない原因で、Flashの最後が変換されたMPEG-2を再生すると延々続く場合がありました。

その際はカット編集をしますが、Youtube上で編集すると、今はHDではなくなるようで(将来はHD対応になるかも?)
Avidemuxというフリーソフトを使ってみたら、劣化なしでいけました。



最近変換作業中に延々と終わらない問題が定番化してきました。対応方法は「こちら:FlashからYoutubeの動画への変換が終わらない」からごらんください。


以上、FlashあるいはFlashMakerなど、Flash互換ソフトで作成した
.SWFファイルをYoutubeにUPする手順でした。

これでFlashMakerももうしばらく役立ちそうです。windows10では私の使用範囲では、動作しました。




その他adobe系使い方メモはこちら